誘い

 

 

 

 

 

 

月はいよいよ満ちて

煌々とあたりを照らす

その明かりを浴びて動き出す

そこはかとない存在の気配を感じる

 

電灯を消して夜道を歩こう

あまりの明るさに慄くだろうから

音楽を消して夜道を歩こう

生き物たちの声が聴こえるだろうから

手を繋がず離れて歩こう

伸びる影を観ていたいから

 

闇が広がり

明りがようやくみえる

 

気配を感じる

意識のコードで繋がっている

すべては愛で満ちている

 

JUGEMテーマ:写真日記

スポンサーサイト